切り絵ノスタルジー 華・恋慕情/黒髪の女/ふるさとの歌が聞こえる/わらべの四季/海の見える集落/源義経と源平合戦絵巻

義経伝説/英雄は死なずーモンゴル帝国の始祖ジンギスカンに・・・

義経の八艘飛び


■義経は死なず

源義経が衣川の館で自害した史実は、
「吾妻鏡」などの史料で明らかにされているにもかかわらず、
義経生存説が流布されてきたのは
ある人物の死を哀惜するあまりの「流言」といってしまえば
それまでですが・・・

あまりにドラマチックで悲劇のスーパーヒーローを
何時までも 心に留めたい、どこかで生きていて欲しいとする
民衆のロマン、憧れでしょうか。

義経が衣川の館から密かに逃れて北海道に渡り、
さらに大陸に亡命したのち、ジンギスカンを名乗ったという話は
史証が無いにもかかわらず
蝦夷地支配願望の高まる江戸初期から、ロシアの南下時代、
日本軍閥の大陸侵略時代などに
義経の蝦夷、モンゴル亡命説が話題を賑わしてきたそうです。

政治的背景の匂い強しという説もあるようですが、
やはり、強烈に生存説を支えたのは、島国に住む日本人が、
この 歴史ロマンをさらに膨らませて、
壮大なスケールの夢に発展させたい願望の結果では無いでしょうか。

義経が蝦夷の大王となり、
さらにはモンゴル帝国の始祖ジンギスカンとなって
広大な大陸を駆け巡る虚構に 酔いしれていたい、
そして切実な自由への夢と願望を、判官びいきの日本人は
抱き続けているように思えるのです。



義経最期の地 衣川館跡にたつ義経堂
「夏草や兵どもが夢の跡」ー芭蕉



義経と源平合戦(一)      義経と源平合戦(二      那須与一扇の的   大西良介 切り絵ノスタルジー