大西良介 切り絵ノスタルジー  ◆わらべの四季◆ 癒される情景


便利だけれど何故か多忙で不思議な現代。時間はたっぷりあったような、あの懐かしい時代。わらべ歌に癒され、
あぜ道にはタンポポ、小川のめだか、石垣の小さな蟹。しっかり自然と戯れていた。

真珠がいっぱい 春、菜の花に蝶がたわむれ…

水遊びに時を忘れた、あの夏の日。

赤トンボと帰る、秋の夕ぐれ路は、

          どこか夕餉のにおいがして…。


舟つり フワフワと舞う初雪が、なぜか嬉しい

あのとき、あの子とすごした

                     楽しいひとこま---。

ふるさとの想い出はつきない…

そして
春の眠り
耳をすませば

ほら今も聞こえるでしょう

遠い日のなつかしい

ふるさとの歌が~。

                         


【冷えると思ったら、雪ね】

◆海の見える集落

◆ふるさとの歌がきこえる

巨大橋が空を翔る

◆懐かしのわらべ歌

◆二十四の瞳

◆切り絵で和風の素材集





     

◆トップページへ

雪が降る
華・恋慕情/黒髪の女/ふるさとの歌が聞こえる//海の見える集落/源義経と源平合戦絵巻

●画像の無断使用を禁じます。著作権法「私的使用」について