【ドラマチック切り絵】芝居絵の巻2
「龍神伝説-夜叉ヶ池の姫」雨乞いの儀式で、美しい処女は夜叉が池に身を沈め龍神と化し、激しい恋慕の葛藤に。







黒髪の女(二)
黒髪の女

◆黒髪の女(一)
◆黒髪の女(二)


華・恋慕情
華・恋慕情

ふるさとの歌が聞こえる
ふるさとの歌がきこえる

◆わらべの四季
◆海の見える集落


源の義経と源平合戦絵巻
源の義経と源平合戦絵巻

◆義経と源平合戦(一)
◆義経と源平合戦(二)
◆義経伝説-英雄は死なず
◆那須与一扇の的


ドラマチック切り絵
ドラマチック切り絵
◆曾根崎心中


ースポンサードリンクー


夜叉が池の伝説
切り絵/大西良介 作品サイズ90×115

狂おしい この恋心、どれほどのものか思い知るがよい。

はるか昔、愚かな村人達によって 雨乞いの生け贄にされ、辱められた美しい処女

夜叉が池に身を沈め 龍神と化して時を待つ。

浅はかな人間どもが誓いを破る今、この想いとげようぞ。

竜神伝説/泉鏡花/戯曲/恋物語/演劇/幻想/名作/ドラマチック切り絵/夜叉が池/雨乞い

竜神伝説-夜叉ヶ池の姫

其の浅ましい人間でさえ、約束を堅く守って 五百年、七百年、誓いを忘れず
朝六つ暮れ六つ丑満と、三度のを絶やさないではありませぬか。
この鐘の鳴るうちは村里を水の底には沈められぬのでござります。

鐘さえ無くば、誓いもあるまい・・・。
あの鐘、取って落として微塵になるまで砕いておしまい!

恐ろしや!天の神々に聞こえては・・・、
もうしばらくご辛抱なさりませ。
今の世は、仏の末法、聖の澆季(ぎょうき)
誓いも約束も、最早忘れておりまする。
も切れるのはまのあたり、其れまでお堪えなさりまし。


人間とても年が経てば、ないがしろにする約束を、
一呼吸早く、私が破るに 何はばかる事がある!
嗚呼!恋しい人のふみを抱いて私は心も脳乱した!


この鐘を、人間が怠ることなく撞くうちは、誓いをお破りあそばすと
諸神、諸仏が、即座のお祟り、それを何となされます。

諸神、諸仏は知らぬ事、天の御罰を蒙っても、
白雪の身よ、朝日影に、情けの水に溶くるは嬉しい。
五体は粉に砕けようと、八つ裂きにされようと、恋しい人を血に染めて、
燃えあこがるるは、幽な蛍の光と成っても、
剣ヶ峰へ飛ばいで置こうか。
                                                                             
泉鏡花.戯曲より

画像の無断転用を禁じます。



Copyright (C) 2006~ 浪漫ジャパネスク All Rights Reserved